肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2018/04/25

お肌を美しく保つために最も重要なのは間違った洗顔

お肌を美しく保つために最も重要なのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。

間違った洗顔とは肌トラブルの原因となりみずみずしさを失わせてしまう、原因をもたらします。肌を傷つけないように優しく洗う念入りにすすぐ、というふうに意識をして洗顔を行いましょう。肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスしてちゃんと泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。

力任せに洗うと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。

また、洗顔を行った後は欠かさず保湿をしましょう。化粧水だけに限らず、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて使ってください。日焼けした肌って、明るくて活動的な印象を演出するのに効果的ではあるものの、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安と思っている女性も少なくありません。シミを避けるのだったら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。シミ予防のポイントといえば、日焼け止めを入念に塗ること、また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、炎症を抑えてください。キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。よくいう「キメが整った肌」は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮がすっかり乾燥し、カサつきに荒れると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。

真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

少し前にガングロが流行りましたが、今再びブームが起こりそうな気配です。 linkm.click [14]